障害年金の年金額

障害年金の支給額は、障害等級によって異なります。当然、障害の等級が上がるほど支給額は多くなります。配偶者や子どもの有無でも変わります。国民年金と厚生年金によっても異なりますので、それぞれ説明します。

年金まず国民年金の場合です。国民年金に入っている人が受け取れるものを障害基礎年金と呼びます。障害基礎年金の場合受け取れるのは、障害等級2級以上です。2級の場合に貰える金額は779,300円です。1級の場合は、779,300円の1.25倍なので、974,125円になります。子どもがいる場合は、これに加算されます。子の加算と呼ばれていて、18歳到達年度の末尾までの子どもが対象です。2級以上の障害を持つ子どもの場合は、20歳未満までが対象となります。子の加算は、第2子までが、各224,300円です。第3子以降は、各74,800円となります。

厚生年金の場合は、報酬によって異なるので計算が少々面倒になります。3級から受給可能で3級の場合は報酬比例の年金額が支給されます。最低保証額は584,500円です。2級は報酬比例の年金額に配偶者がいれば配偶者の加給年金額224,300円をプラスした金額です。1級になると報酬比例の年金額の1.25倍に配偶者の加給年金額をプラスしたものになります。計算が面倒でよく分からないときは、年金事務所や年金相談センターへ相談してみてください。またこうした障害年金の申請をサポートしてくれるサービスもありますので探してみると良いでしょう。

◇推奨リンク◇
障害年金申請サポート≪白石社会保険労務士事務所≫

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

Top