二十歳前傷病の場合の障害年金

二十歳前傷病によって障害年金を受け取ることができるのは、障害基礎年金になります。20歳前までは年金に加入できません。国民年金は20歳以上の日本国民なら加入対象となるので、二十歳前傷病による障害年金で貰えるのは障害基礎年金ということになります

障害二十歳前傷病で支給を受ける場合でも、通常と同じ金額の支給を受けられます。しかし、二十歳前傷病による障害年金支給には所得制限があります。通常の場合は所得制限はありません。二十歳前傷病の場合は年金を納付しないでも支給を受けられる変わりに、所得制限があるのです

本人の年間所得360,400円未満の場合は全額支給です。3,604,000円以上になると半分に減額され、462,100円を超えると全額支給停止となります。扶養家族がいる場合には、所得額に1人あたり38万円加算した金額を所得制限額としています。70歳以上の老人扶養親族がいる場合は1人あたり48万円、16歳以上23歳未満の特定扶養親族の場合は1人あたり63万円の加算になります。

毎年7月には所得状況届を出す必要があり、ここで所得額をきちんと申告することになります。書類の未提出や遅れが合った場合には一時的に障害年金を受け取れなくなるので注意が必要です。所得制限は申告書を提出した翌月8月から翌年7月までの1年間に適用されます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

Top