障害年金とは

生まれつきの障害や、ケガや病気による障害など、なんらかの障害があることで仕事はおろか日常生活にも支障をきたすことがあります。家族が面倒を見てくれるとしても本人の収入がない状態では、サポートする家族の負担が大きいです。そこで注目するのが障害年金です。障害年金は生まれつきの障害に限らず、ケガや病気が原因の障害がある方が年金や一時金を受け取れる制度です

医者年齢や障害の程度、年金納付状況などの条件が設けられていますが、生活保護の場合と違って家族構成・財産などの経済事情は関係なく受け取ることができます。障害年金は国民年金、厚生年金保険、共済年金などすべての年金加入者が対象です。国民年金は日本在住ならば必ず加入し保険料を支払うことになるので、障害年金は誰にでも受け取れる権利があります。

ちなみに、障害年金は障害手帳と混同されがちですが、この二つの制度はまったく異なります。障害年金で設けられている障害の等級と、障害者手帳の等級とは別物になります。

障害年金は少々制度が複雑です。初診時の加入入金制度と違いで金額が変わったり、保険料の納付率によっては申請できなかったり、20歳前障害年金という制度があったりします。そのため、いざ障害年金を受けようと思っても、どれくらいの支給額が貰えるのか分からないこともあるでしょう。ここではそんな障害年金について、支給の条件や支給額の目安など、役に立つ情報を紹介します。参考になれば幸いです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

Top